おすすめクレジットカード

キャッシング比較 HOME > クレジットカードの基礎知識

クレジットカードの基礎知識

第1講義:クレジットカードとは

クレジットカードって何? カードはみんなの身近なものですが、いざ、これが何であるのか、説明しようとすると、けっこうむずかしいものです。カードは金融であり、信用に関わっています。

クレジットカード(Credit card)とは、一般の消費者が商品を購入するときの決済手段のひとつです。

クレジットカードは利用者の信用にもとづいて発行され、あらかじめ利用限度額、有効期限が定められており、条件の範囲内であれば、何度でも、そのカードの加盟店で商品を購入したり、サービスを受けたりすることができます。

クレジットカードの機能は、キャッシュをもたなくても、後払いで決済できることです。これがあれば、キャッシュレスでモノが買えます。決済は銀行口座からの引き落としとなるため、支払いは後払いになります。このように、キャッシュをもたなくても、モノを買ったり、サービスを受けたりできる便利な仕組を提供してくれるのがクレジットカードです。

クレジットカードには、契約者の番号などが記載されされています。情報の記載は、磁気ストライプによるものとICによるものがあります。

最近は、ネットショッピングで決済する手段としても、クレジットカードは大活躍しています。

第2講義:クレジットカードの種類

クレジットカードの普及はめざましく、1人1枚は当たり前、5~6枚もっている人も多い時代です。その結果、カードを発行する会社もふえ、カードの種類もターゲットや目的によって細分化されています。

たとえば、女性向けや学生向け、ビジネスマン向けなどターゲットの細分化。クレジットカード会社単独のものだけでなく、銀行や他企業との提携によるもの。そのほか、信販系、流通系、航空系、ガソリン系、などさまざま業種の会社がカードを発行しています。

それらを、必要に応じて選び、うまく使いこなすことが現代人のライフスタイルに求められています。

クレジットカード

第3講義:クレジットカードっておトクなの?

各クレジットカード会社は、自社のカードをより多く利用してもらおうと、工夫をこらして特典を用意しています。例をあげると、 以下のような特典です。

  • 利用金額に応じてポイントがもらえる。
  • 買い物をするときに、そのお店で割引がある。
  • ホテルやレストランを予約できる。
  • 保険がある。
そのほかステイタスを売り物にし、セレブなサービスを用意しているカードもあります。同じお金を使うのなら、現金を出すよりもカードを使った方がおトクというのは、たんなるカード会社の宣伝文句ではなく、ほんとうの現実です。カードをうまく使いこなしましょう。

■注意事項・免責事項
※クレジットカードの商品内容などは、予告なく変更される場合がありますので、ご契約前にご自身でご確認ください。