おすすめクレジットカード

おすすめクレジットカード HOME > リボ払いカード

リボ払いカード

リボ払いカードは、手軽に分割払い(毎月一定)ができるカードです。
毎月、たとえば1万円とか、ある一定の金額を決めて、分割のように少しずつ支払う方法です。
たくさん買い増ししても毎月の支払い金額は同じですから、支払いがラクですが、
その代わり支払い回数が増えていきます。利息がかかるのでご注意ください。

第1位

申込はここから↑↑

ショッピングや公共料金がいつでも1%割引のクレジットカード

P-oneカードのリボ払い専用のカード「P-one FLEXY」。[1] P-oneカードの基本特典「カードショッピング1%OFF」 [2] 若年層に人気の「支払い自由型」[3] マイルやキャッシュバックに活用できるポイントが1,000円(税抜)ご利用につき2ポイント貯まります。
丸入会金無料丸年会費無料丸提携ブランド Master 丸自由型リボカード 実質年率14.95%丸利用限度額: 最大100万円

リボ払いとは

リボ払いは、正式には「リボルビング払い」と呼ばれるものです。毎月、たとえば1万円とか、ある一定の金額を決めて、分割のように少しずつ支払います。定額(あるいは定率)の分割払いと考えてください。たくさん買っても、毎月の支払い金額は同じですが、その代わり支払い回数が増えていきます。払う額が一定なので、毎月の管理が容易であるという利点があります。利息がかかるのでご注意ください。
このリボ払いには、2つの種類があります。

  • 定額リボ払い
    毎月、利用残高に関係なく、決まった金額(1万円とか)を支払う方法です。利息がかかります。
  • 定率リボ払い
    毎月、利用残高に対して、ある一定の率を乗じた金額を支払う方法です。利息がかかります。

青春リボ払いカード。

若いときは金がない。金はなくとも夢がある。青春って素晴らしい。
とはいえ、金はあったほうがいい。しかも、若いときのお金は、年をとってからのお金よりも価値が高いと考えることもできる。今日の1万円と明日の1万円は、同じ1万円ではないと私は思う。たとえば、海外旅行するのでも、若いときに行く貧乏旅行と、定年退職後の観光旅行とでは価値がまったく違う。はっきりいって、若いときにいい体験をたくさんするほうがいい。
だから、欲しいものがあるとき、貯金がたまるのを待たずに、リボ払いカードを使って買うのは、若いときはいいと思う。欲しくて、欲しくてしようがないものは、若いときにはたくさんあるものだ。それを買うことによって、何か得がたい体験をすることもあるだろう。
リボ払い専用カードは年会費永久無料で、ポイントを貯めるのも有利な条件になっていることが多い。ただし、利息がかかる。 使いすぎには気をつけて、1度しかない青春をせいぜい楽しんでくれ。

■注意事項・免責事項
※クレジットカードの商品内容などは、予告なく変更される場合がありますので、ご契約前にご自身でご確認ください。